日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

コンビニ特集

コンビニエンスストア(convenience store)は、年中無休で長時間の営業を行い、小規模な店舗において主に食品、日用雑貨など多数の品種を扱う形態の小売店である。略称は「コンビニ」「CVS」などで、これらの略称が定着する前の1980年代以前には「コンビ」「深夜スーパー」などという呼び方もされた。

多くの場合、大手資本によるチェーン店舗として展開されている。

日本の経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す。

なお、コンビニエンスストアの名称は、日用に供する食品・商品=コンビニエンス商品を扱う店と言う意味であったが、日本では利便性=コンビニエンスの店とされている。

コンビニで開業

フランチャイズ加盟店としてもっとも良く見かけるのはコンビニエンスストアかもしれません。
コンビニの経営は、加盟店になることでチェーンの企業イメージや知名度を利用できるとあり開業したいという人向けといえます。

コンビニのフランチャイズ契約で最も特徴的なのは保証金、加盟金などが高額という点です。
初期費用がそれなりにかかる上、一度契約したら簡単に離脱すことはできませんし、契約違反などになる可能性もありますのできちんと契約内容を把握しておくことも重要です。

実際に成功するコンビニフランチャイズ経営の場合、もともとその土地で他の商売をしていたなどの経営下地があるというケースがほとんどといわれています。
また、立地条件にかなり左右されるため、会社や学校など一定の集客が見込める場所かどうかの見極めが重要です。