日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

雑貨の粗利益率は20~23%前後と考えられています。隣接するお店と競合する商品が多いとおのずと粗利益率は低下しますので、他店が取り扱っていない非競争商品を主体に営業活動を行ない高い粗利益を確保する必要があります。特長のある商品には粗利益率が35%前後の商品もあるため、こうした商品の比率を高めることが、トータルの粗利益率を高くすることにつながります。

また、商品は目新しい商品や希少性のある商品が多いため、商品知識の豊富さや、顧客にニーズや嗜好に応じて提案できる能力が必要です。一般的な雑貨店開業にあったては、法的な規制はなく、販売資格も不要で自由開業が原則ですのでやる気さえあれば誰でも参入し易いビジネスモデルとなっています。