日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

本屋開業において、とくに必要な許認可はありません。個人は税務署への開業届等、法人は必要に応じて、健康保険・厚生年金関連は社会保険事務所、雇用保険関連は公共職業安定所、労災保険関連は労働基準監督署、税金に関するものは所轄税務署や税務事務所で手続きします。

開業は立地が重要で、顧客のニーズに応えられる品揃えが必要です。特に、独自の品揃えによって大型店や他の販売チャネルとの差別化を図り、オリジナリティーが必要です。

また、立地条件に合わせ、特定のジャンルの品揃えを強化し、「この種類の本はあそこにいけば必ずある」というイメージを顧客に与えることも大事です。特化なら、文庫、新刊、専門、学術書、実用書、児童図書、コミック、雑誌などが考えられます。ただ商品分野を限定すると市場を狭めかねないので、十分な検討が必要です。