日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

会計事務所を新規設立したら、まずはすぐに預金口座をつくりましょう。口座がなければ、振込・入金ができません。記帳の手間を考えたら、できれば会社の通勤経路の銀行で作っておいたほうがいいです。

次は開業届をだしましょう開業届一式(会社設立届、青色申告承認申請・・・・)の中でいちばん提出期限が短いのが「給与支払い事務所の開設届出書」これが1ヶ月以内とされています。

それから融資を受けましょう。各市区町村で起業にあたって、有利な融資制度があります。「創業融資制度」「創業資金」等と呼ばれている制度です。非常に低利(0,2~0,3%くらい)なので活用したいところです。

最後に助成金のコンサルを受けましょう。設立にあたって、設備投資をする・人を雇うなど一定の条件にみあった場合、助成金が受けられる場合があります。

【資格】税理士免許など