日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

治療目的のマッサージ業を開業するには、マッサージ師の免許を取得しそのうえで開業の申請を行なわなければなりません。施術者が外科手術や投薬を行なうことは禁止されており、脱臼や骨折の患部を施術する場合は医師の同意が必要です。開業の申請先は地域の保健所となります。

マッサージは、首、肩、腰、あるいは全身マッサージが一般的であるが、マッサージをより手軽に受けたいというサラリーマンやOLをターゲットにしたクイックマッサージ、若い女性をターゲットにした足つぼマッサージなど、最近ではさまざまなメニューが登場しています。こうした施術メニューの多様化についても顧客のニーズを考慮して考える必要があります。 マッサージ業の施術行為も医療行為に準じているため、施術所の宣伝広告には制限があるので注意が必要です。

【資格】マッサージ師など