日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

顧客層のターゲットによって、商品構成や店のイメージ作りなどが違うため自店のコンセプトを明確にしておく必要があります。また、安定した古着の供給ルートを確立するのがポイントです。

仕入れ方法には、店舗での買取り、国内古着を専門の業者から仕入れや、海外業者から仕入れるなどの方法が考えられます。「日本古着小売業協同組合」があり、古着の共同購入などを行なう供給ルートを確立しています。

古着の魅力のひとつは、年月により商品自体が一点化していて同じ物に出会う可能性が極めて少ないことがあげられます。古着販売においては、商品知識とファッション感覚が重要で、顧客にコーディネートを提案できることが売上UPにつながるでしょう。

古着屋開業にあったては、所轄の警察署の公安委員会に古物営業法により許可申請をする必要があります。

【資格】古物商など