日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

女性の独立開業はなかなかハードルが高いものです。
結婚や出産を機に、仕事を辞め起業したいと考えている人も多いようですが、実際にはそう簡単ではありません。

まずはどんな形態で開店するか、ですが、「趣味を仕事にしたい」と自宅開業を目指す人が多いです。
しかし、実際には業種によっては特別な許可を必要としたり、申請や認可が必要な場合もありますから注意が必要です。

特に食品や化粧品など肌に触れるものを扱う場合や食品などの製造業はは自宅では許可がおりにくいのが現状です。

あらかじめ、始めたい業態に合わせた開業費用を試算しておきましょう。
女性の起業の場合、各地方自治体の商工会議所などが資金を援助していたり、県や市から公募型の助成金がある場合もあります。
こうした情報も調べておくと良いでしょう。