日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

最近では古着屋やアンティークショップなどあえて古いものが人気です。
このような店舗を開業するには「古物商許可申請」が必要です。
インターネットなどで古着を販売したい、という場合も同様です。まずは自治体の警察署へ問い合わせてみてください。

アパレルやインテリアなどは在庫を抱える事が多く、開業にはある程度の自己資金が不可欠になります。
開業時にどのくらいの商品数が必要なのか、その在庫はどのように回転しストックはどのように管理するか。
古着やアンティークなどは1点ものがメインですので、品ぞろえなどに工夫が必要です。

業の際に買い付ける商品はすべてが一度に売り切れるわけではありませんから、操業を考えると長期スパンで資本を回収する必要があります。

また、他店との差(たとえばある系統に特化しているなど)を明確にし顧客を限定する方が勝算はあるでしょう。