日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

自己資金が不足している場合の開業や起業は出来れば避けたいものですが、起業する人はかならずしも100%自己資金で起業している訳ではありません。

「経営資源」について考えた事はあるでしょうか?

どんなサービスであれ、商品を売るであれ、重要なのは人材(顧客を含む)、商材やサービス、資金なのです。
そこで、会社を運営する上で重要になってくるのが事業計画です。

事業計画はすなわち融資の際の重要な資料となります。
助成金を申請する場合でも、自治体の支援を利用する場合でも、銀行から融資を受ける場合でも事業計画書は重要なのです。
事業収益(キャッシュフロー)はどれくらいになるか、というのが借入金返済の資源目安になると判断されますから、仮に自己資金がなくても事業計画次第では融資を受けられるという訳です。

そのため、事業計画を作るというのは企業・独立する上で最も大切な工程になります。
まずはどんな事業を行い、どのように経営していくか自分なりに分析しビジョンを明確にすることが大切です。