日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

学習塾のフランチャイズ経営を考える場合、気をつけなければいけない点は契約内容と開業資金の試算です。
学習塾のように、ノウハウとサービスを提供するような業態でのフランチャイズ加盟は状況によっては不利になる場合も多いからです。

初回開業資金にはフランチャイズ契約に関わる費用(加盟料やロイヤリティなど)が高額に発生します。
よって、資金が少なく、投資した資金の回収を急ごうという場合はお勧めできません。

初期費用が少なく始める場合に、自宅で講師をするケースがあります。公文式やECCなどの自宅で教室を始めるという場合です。

しかしいずれの場合も少子化のため競争率は高く、開業してもながく続かないというケースもあります。
実際にその地域にどのくらいの需要があるのか、まずは調べてみることをお勧めします。