日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

バー(ショットバー、ダイニングバー、カフェバー等)を開業するには、自治体に飲食店営業の許可を取得した上で、深夜酒類提供飲食店営業の届出をする必要があります。
ただし、午前0時以降に営業する可能性が全くない場合は、深夜酒類提供飲食店営業の届出をする必要はありません。

ワインや日本酒など、最近では1つの種類に特化したお店が人気のようです。
バー(居酒屋)では短にお酒を提供するだけでなく、ランチ営業を行ったり、軽食の提供など工夫も必要です。

こうした店舗はテナントが限られているので出店する場所はおのずと飲食店が集まったところになるでしょう。
他点と差別化するには内装や看板など様々な工夫が必要になります。
もともとが飲食店であったテナントを活用する方が初期費用を安く抑えられます。