日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

結婚や育児などをきっかけにネイルサロンを開業したいと考える女性も多いかと思います。

ネイルサロンの開業には国家試験や特殊な届け出は必要ありません。開業する場合は開業届を所定の手続きで申請するだけなのです。
ネイル検定などもありますが、これは民間資格なので必ずしも取得していなければいけないというものではありません。
しかし、顧客からお金をとって施術する以上「プロと同等の技術がある事」は最低限必要ですから、資格を取得するというのも必要な経験といえます。

一般的にネイルサロンを開業する人の多くは、資格を取得し、ネイリストが複数人所属するような大型サロンで3年程度の実務経験があります。
ネイルサロンのうち、およそ半数は開業後1年未満で閉店すると言われているほど多くライバル店があるわけですから確かな技術と集客の工夫は重要になってきます。