日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

デザイン事務所で独立開業する場合に注意する点は下記の通りです。

(1)前職の職場や事務所などの顧客を持ちださないこと

これは独立開業をする上での鉄則です。就業時に契約書などを書いている場合、裁判を起こされる事もありますから要注意です。

(2)あらかじめパートナー企業を独立前に選定しておく

例えば印刷会社やプロバイダー、その他設備会社などパートナーとなる企業は独立前に目星をつけておきましょう。

(3)設備の準備

デザイン事務所などで開業する場合、一番コストがかかるのはPC周辺機器などの設備投資です。少しずつ用意をしましょう

(4)個人事業主としての届け出

独立した場合、会社を経営することになります。個人事業主として届け出し、毎年青色申告が必要になります。

基本的には新規に顧客を開拓する必要がある業種ですので根気と、自分自身での営業が重要になります。