日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

セレクトショップとは、経営者や責任者がバイイング(買い付け)を行い、独自に商品を集めたお店をさします。
主に衣類や服飾小物、雑貨などが中心になります。

こうした形態の開業の場合、税務署に開業届を出し、決められた青色申告を行うというだけで手続きはOKです。

実は衣料品や雑貨などの販売を始めるのは簡単ですが、実際に開業するとなると在庫をどのように抱えるか?が重要になってきます。

このような商材の掛け率は60%程度からですから、不良在庫を抱えると言うのはどうしても避けなければいけません。
セレクトショップのように海外から買い付けるような店舗の場合はなおさら在庫には敏感になる必要があると言えます。
ネットショップを経営する場合も、大手モールサイトでは年会費や月額維持費もかなりかかりますので、綿密な計画が必要です。