日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

軽食やランチを提供したりお茶を飲めるスペースとしての「カフェ」について考えてみたいと思います。
星の数ほどあるカフェの経営において、重要なのは独自性と明確なコンセプトの設定です。
1年もしないうちに閉店する店が3分の1と言われていますから、いかに顧客をつけていくかが大切になってきます。

そこで、他店との差別化や、独自性のあるメニューの開発は欠かせません。
カフェという形態である以上、レストランとは異なり飲み物や軽食にウェイトをかけていることが必須条件です。
ランチタイム以外の時間でどれくらいの収益を上げられるかが経営のカギになります。
客単価を落とさずにカフェを運営していくに当たってはドリンクメニューを豊富にしたりケーキや軽食などを充実させる必要があります。

お店のコンセプトを決める際は提供するメニューや外装、内装、什器にいたるまでトータルでコーディネートすると良いでしょう。