日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

いつかは自分の店を持ちたいと思っている人も多いです。
洋服屋(アパレル)を始めるには、特に資格などは要りません。ただし古着/アンティークなどを取り扱う場合には別途、古物商許可申請が必要になります。
古物商の許可は各自治体の警察署で行っています。また、個人事業主として管轄である税務署に届け出をしましょう。

個人の洋服店を営む場合、ある程度の開業資金が必要になります。
買い付けを海外で行うのか、日本国内で行うのかによっても若干異なりますが、サイズや色などの違いによって同じ商品でも複数の在庫を抱える必要があります。
どのようなジャンルの衣類を扱うか、どの年齢層でどんな価格帯にするのかが腕の見せ所です。
1点1点はもちろんですが、お店をトータルで見た時の顧客評価も重要です。什器や内装にもこだわりたいですね。