日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

カフェで開業

カフェ開業の現状は、近年日本人の食事形態が変化してくるにつれ、「お茶もできるが、しっかりと食事もできる」など消費者のニーズにかなった新しい形態としてカフェが多くできています。

比較的小資本・家族労働など個人開業には適した業種であるため脱サラなどでカフェを開業する人も多いです。カフェ開業のポイントは飲食業自体、同じ種類の食事を提供するので、名前だけでなくカフェとして他の飲食店との違いと自店の明確なコンセプトを顧客にアピールする必要があります。

自作のオリジナリティあふれるメニュー・商品・レイアウトなど、個人性を高め、魅力のある店舗作り・商品を考える必要もあります。例えば、有機野菜だけのメニュー構成とか安全性や快適性を追求していくのも良いかもしれません。

【資格】実践カフェオーナー認定試験など

パン屋

パン屋でも、サンドイッチを作らない場合は「菓子製造業」とされ許認可は不要です。一方、サンドイッチを作る場合は「飲食店営業」に関する営業許可が必要です。

飲食店の開業にあたっては、営業許可を所轄保健所の食品衛生課に申請する必要があります。また、食品衛生法では、各店に1人、食品衛生責任者を置くことが義務づけられています。

開業にはどのようなパン店にするのかを明確にすることが大切です。たとえば、「焼きたてのパンを提供する店」とか「安全で安心な素材を使う店」など顧客にわかりやすくアピールする必要があります。

また、顧客のニーズに合わせおやつに使えるもの、食事にふさわしいもの、手土産にもなるようなもの、ギフト商品などの4つの商品群を組み合わせ、規模によりますが、約100種類程度の商品を揃える必要があります。

【資格】食品衛生責任者など