日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

先日、中小企業診断士の知人より興味深い話を聞いたので、ぜひ皆さんにシェアしたいと思います。
筆者が知人に聞いた内容は「5年以内に潰れる会社について」です。

独立起業するからには、「生き残る会社」ではなく「発展した会社」を目指したいものですよね。
ですが、現実は厳しいもの。
まずはしっかり「生き残る会社の条件」を満たし、その上で次のステップを目指しましょう。

5年以内に潰れる会社

彼は言いました。
「会社が生き残るために何よりも重要なのは『金』である」と。
身も蓋もなさすぎる発言ですが、ごもっとも。

この場合の『金』とは、運転資金のこと。
運転資金は銀行から融資されたものでも、もちろんOKです。
ただし、銀行は「あるもの」をきちんとしていないと、融資してくれません。

その「あるもの」とは「資金繰り表」。
資金繰り表とは、帳簿ではありません。
現金収支をまとめた表のことです。
つまり、帳簿とは別できちんと記録&把握する必要があるんですね。

これがきちんとしていれば、たいていの銀行は融資してくれるそうです。
銀行が融資してくれるということは「まだ潰れないと判断してもらえた」ということになります。

逆に言えば、「資金繰り表がない(または経営者が把握していない)会社=潰れる可能性が非常に高い会社」となります。
これが5年以内に潰れる会社だそうです。

最初は小さく始めよう

独立起業するということは、一人で事業を行うということです。
まずは小さく始めましょう。
その方が色々把握しやすいですし、把握しやすいということは経営の面でも漏れが少なくなります。

独立起業というと「経営」よりも、「ブランディングをして、人脈を作って…」ということに目がいきがち。
ですが独立起業をするということは、イコールあなたが経営者になるということなんです。
ですから、経営の規模が小さいうちに「経営」について丁寧に学んでおきましょう。

「何事もでっかくやりたい!」というあなたも、少し我慢。
経営には何かと細々したことがつきものですので、きちんと把握するのはもちろん、慣れるまで少々時間がかかるのです。

ですからオススメは「小さく始める」こと。
最初は週末起業レベルでも良いでしょう。
むしろ、週末起業で「経営」に慣れておくと、よりスムーズに独立起業出来るでしょう。

どうしても大きくやりたいなら、フランチャイズ

それでも「どうしてもでっかくやりたい!」という方や、「従業員を雇って会社を動かしたい」と言う人もいることでしょう。
そんなあなたには、フランチャイズをオススメいたします。

フランチャイズなら必要なものが一通りそろっていますから「え、それもいるの?」なんてことは、滅多にありません。
ですから資金さえあれば、ある程度大きな規模で起業することも夢ではないんです。

また不明点についても、本部のサポートが期待出来ます。
ですから、経営について知識不足でも、充分やっていくことが出来るんですね。
※細かい点は企業によって多少異なりますので、詳細は各企業へお問い合わせください。