日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

独立起業をして物やサービスを販売する場合、その方法は1つではありません。
大きく分けると、通信販売と対面販売の2種類があります。

さらに、通信販売も対面販売も
・自分で自宅から売る
・自分でどこか場所を借りて売る
・人に委託して売る
・店舗に置かせてもらう
など、売り方を考える必要があります。

独立起業してすぐは、たいていあまり資金に余裕がありません。
ですから、なるべくコストのかからない「自分で自宅から売る」を選びがちです。
しかし、人によっては自分で売る方が、よりコストがかかる場合もあるんです。

「売る」効率を考える

例えば通販で売る場合。
もちろん、自宅から売ればレンタルコストはかかりません。
ですが、いったい誰がどうやって見つけてくれるのでしょう?

オフィシャルサイトを作っただけでは、物は売れません。
SEO対策をしたり、Web広告を出したり、楽天やAmazonなどを利用するのが最も手軽でしょうか。

SEOやWeb広告も悪くありませんが、
てっとり早く顧客をつかみたいなら、楽天やAmazonのようなサービスを利用するのがオススメです。

どちらも購入することでポイントが付きますし、
「どうせ買うなら、より安く、出来るだけポイントの高いショップで…」
という消費者は結構多いんですよ。

消費者の「買いやすい」心理を考えて売れば、より効率よく売ることが出来ます。

「買う」安心感を提供する

消費者が購入の際に個人サイトを選ばない理由は、ポイントだけではありません。
目に見えない「安心感」もそこに含まれています。

Amazonや楽天等の場合、
「トラブルがあってもシステムで管理されているから、なんとかなりそう」
という安心感があります。

実際にトラブルが発生した場合、Amazonや楽天が助けてくれるかと言うと、正直微妙なところです。
筆者もトラブルに遭遇したことがありますが、直接ショップの人とやり取りするのが基本でした。
Amazonや楽天は、Webショップというスペースを貸しているだけであり、
基本的にトラブルに対して何かしてくれるわけではないのです。

しかし、個人のショップはWebサイト削除で逃げられてしまう可能性があるのに対し、
楽天なら「問い合わせれば連絡先を教えてもらえるかもしれない」という可能性が残されているので、
それゆえの安心感があるのでしょう。

このような消費者の安心感は、売る際の「効率」にも大きく関わってきます。
経費の中に、顧客の「安心感」も加味しておきましょう。

「無難」や「定番」は1つの「安心感」

「独立起業するなら、やっぱりオリジナルの起業ネタだよね」
と考える人も多いようです。
ですが、「無難」や「定番」は1つの「安心感」。

期間限定や新発売などで、新しいフレーバーのお菓子が出ても、消費者が飛びつくのは一時的。
多くが、再び定番の味に戻っていきます。

そして、あえて「無難」や「定番」で勝負するなら、フランチャイズがオススメです。
フランチャイズの商品やサービスの全てが「無難」で「定番」なものばかりだから、という理由ではありません。

誰もが一度は目にしたことがあり
「あそこなら知っている」
「行ったことがある店だ」
という安心感が、オススメしたい理由です。
つまり「無難な選択として選びやすい」というわけですね。

もちろん、フランチャイズ以外の方法で「安心感」を提供しても構いませんよ。