日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

独立起業をすることは、意外と簡単です。
会社を辞め、法人なら登記をすれば独立起業完了です。

ただし、
・収入を安定させていくこと
・会社を成長させていくこと
は、なかなか大変です。

特に「会社の成長」には、様々なリソースが必用です。
これに比べたら、収入の安定化は意外と簡単。
頑張って仕事を取ってきて、頑張って仕事をすればそれなりの収入にはなるのですから。

しかしそれを続けていたら、単なる自転車操業。
いえ、ひょっとしたら資金的な余裕も生まれるかもしれません。
しかし、それだけでは会社の成長には足りないのです。

会社の成長って何だろう?

会社の成長に必要なリソースを考える前に、「会社の成長」について考えておきましょう。
「会社の成長」ってそもそも何なのでしょう?

会社の収益や資本金が増えること?
従業員が増えること?
支店や支社ができること?
新しい事業ができること?
単純に会社の規模が大きくなること?

他にも色々あるでしょう。
どれも「会社の成長」ではありますが、あなたが希望する「会社の成長」はこの中にありますでしょうか?

もしなければ、まずは「会社の成長って何だろう?」ということについて、考える必要がありそうです。
その上で、会社が成長するために必要なリソースを把握しましょう。

会社の収益や資本金が増えるためには、売上が上がるためのリソースが必須です。
そのリソースとはいったい何でしょう?

・人材?
・業務効率化のためのソフトや機械?
・新しいサービス?
・客単価アップ?
・新規顧客の創造?
ひょっとしたら全部必要かもしれませんね。

リソース獲得のチャンスは「take&give」または「give&give」から!

「give&take」という言葉、よく耳にしますよね。
でも、会社を成長させるためのリソースを獲得しようと思ったら「give&take」ではいけません。
「take&give」または「give&give」で動きましょう。

「give」は「相手へ何かを贈る」こと、「take」は「相手から何かを受け取る」ことです。

「give&take」の場合、「○○をあなたに贈るので、代わりにリソースとなる□□をください」ということです。
takeしてくれる人の納得できるものを先に持っていないといけないわけですね。
しかし成長途上の起業家には、なかなか難しい注文です。

その点「take&give」なら、あとから「give」すれば良いわけですから、成長途上の起業家でも何とかできそうです。
例えば、銀行のローンも「take&give」ですね。

または、「give&give」でも良いでしょう。
砕けた表現をするなら「あげるから、ちょうだい」とでもなるでしょうか。
ただしこれが成り立つのは、同じレベルでの「give」になります。

つまり、成長途上の起業家なら成長途上の起業家同士、成功した起業家なら、成功した起業家同士、
と、同じレベルで「give&give」するパターンがほとんど、ということですね。
悪くはありませんが、成長途上の起業家同士の場合、あまりレベルの高いリソースは期待できそうにありません。

成長の方法やリソース獲得方法を学ぶ

世の中にある起業家は、いったいどのように会社を成長させ、リソースを獲得してきたのでしょうか?
ぜひ、会社の歴史などを調べて学んでみましょう。
企業のオフィシャルサイトにも、ある程度は書いてありますよ。

リソースの獲得方法は、なかなか公開されていないので、インターネットだけで学ぶのは難しいかもしれません。
そんな時役立てたいのが、フランチャイズ。
もちろん、資料や説明会で全てが分かるわけではありません。
それでも、色々と話を聞くことはできますから、参考になることも多いでしょう。

ぜひ、色々なところから学び、自社の成長に活かしてください。