日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

最近色々なところで独立起業家同士のコラボ企画をみかけます。
独立起業前にいきなりコラボを考えるのは大変ですが、
独立起業後にコラボ出来るように人脈作りをしておくことは重要ですね。

私が主催者に話を聞けた、具体的な成功例をご紹介します。

カフェ×朝ヨガ

ヨガで身体をほぐしつつ、しっかり身体を目覚めさせる。
そして、カフェのヘルシーな朝食で、1日の良いスタートを切る。
というコンセプトだそうです。

なお、元々ヨガのインストラクターをしていた人と、カフェのオーナーは知り合い。
しかも、カフェではヘルシーで健康的な食事をウリにしていました。

お互い最近集客が伸び悩んでおり、思い切ってコラボしたところ、
ヨガのお客さんがカフェのお客さんに、
カフェのお客さんがヨガの生徒に、
更に新規のお客さんまで増えて万々歳の結果とのことです。

このケースでは
・元々カフェの客層が、健康に興味がある人たちだった
・ヨガの生徒さんは、食事も健康に気を使う傾向にある人たちだった
という客層の共通点があったため、上手くいった事例です。

なお、最近では更に幅を広げたそうです。
元々カフェの空きスペースを作品展示用としてレンタルしていたのですが、
思い切って個展会場としてもレンタルすることにしたのだとか。

個展会場としてのレンタルについては、大きな効果はなかったそうです。
それでも「少しずつ新規のお客さんが増えているから、継続する予定」とのことです。

エステサロン×朝活バレエ

最近流行の朝活に乗った企画だそうです。
来店して下さるお客様に、内側からキレイを作る一貫として始めたのが朝活バレエ。
たまたまバレエの指導をしている人と出会い、サロンで定期的に教えて頂くことにしたのだとか。

とはいっても、本格的なバレエレッスンではありません。
バレエの要素を取り込んでインナーマッスルを鍛える、というのがメインだそうです。
そのエステサロンの客層は30代~60代、特に多いのが40~50代だそうです。

40~50代と言えば、身体の衰えを実感し始める年代ですよね。
また、代謝が落ちてどんどん太りやすくなる年代でもあります。
とはいえ、「じゃあフィットネスに通って…」とならないのもこの年代。

というわけで、気軽に始められるものを検討していたところ、
たまたま交流会でバレエの指導をしている人と知り合って、この企画になったのだとか。

お客様からは大好評。
今ではバレエ以外にも、ヨガなどの朝活を定期的に行っているそうです。

このケースでは
・お客様のことを理解していること
・交流会に出て、積極的に人脈を増やしていること
がポイントです。

コラボのイメージがわかない場合はどうしたら良いか?

「コラボのイメージがどうしてもわかない…」
起業前ならまだお客さんもついていませんし、そういうこともありますよね。
もし起業後だとしても、焦ってコラボをする必要はありません。

まずは、存分にイメージしてみましょう。
例えばラーメン屋を営んでいるとします。

ラーメン×占い
ラーメン×ゴルフ
ラーメン×麻雀
ラーメン×ライブ演奏
ラーメン×水泳

…どれもイマイチです。
でも、1個ずつ確認してみないと、ピッタリなのかイマイチなのか分かりませんよね。

そこでコラボの対象とする内容を考えるのに、フランチャイズを見ることをオススメします。
フランチャイズは、既に1つのものとして充分なりたっていますよね。
だからこそ、コラボ対象として考えることで、成功しやすい新しいモノの発見があります。

実際にイラストレーターの知人が、英会話教室とコラボしています。
子供に絵を教えながら英語を勉強する…という企画とのこと。
子供に大うけして、今では定番となっているそうですよ。