日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

あなたがもし独立起業を考えているなら、まずはペンと紙を用意してください。
紙はA4でも構いませんが、大きいものがあれば、その方が良いですね。
模造紙でも良いですよ。

出来るか?出来ないか?

絵でも文章でも構いません。
用紙のど真ん中に「成功した自分の姿」を描いてみましょう。
マインドマップではありませんので、細かいことは気にしなくて大丈夫です。

「成功した自分の姿」が描けたら、周囲には成功要因をどんどん書き連ねてみましょう。
・人脈があったから
・マーケティングが良かった
・ニーズにうまくハマった
…などなど、思いつくままに書いてみてください。

これらがスラスラと書けるなら、それはきっと成功するでしょう。
逆に書きながら「無理かも…」、「しょせん、理想だし…」という気持ちが湧き上がってきたり、そもそも書けない場合は、失敗する可能性のが高いですね。

よく言われる言葉ですが
「出来ると思ったら出来る、出来ないと思ったら出来ない」
これ、結構本当なんですよ。

あとは、必要なことを「やる」か、諦めて「やらないか」の2つだけです。

成功した姿が描けたら、次のステップ

さきほど、
「成功した自分の姿」が描けたら、周囲には成功要因をどんどん書き連ねてみましょう。
とご説明しました。

これをひたすら繰り返して、現時点の自分まで持ってきてみましょう。
そうすると、なんと事業計画書になります。

もちろん、きちんとしたフォーマットでもなんでもありません。
しかし用紙の中にあるのは、あなたが考えた「成功の為に必要なこと」なのです。
一つずつ丁寧にブレークダウンしていけば、きちんとした事業計画書に早変わり。

タスクには、優先順位や難易度をつけていきましょう。
そうすることで、少しずつ現実味を帯びてきます。
さぁ、第一歩は何から始めますか?

フランチャイズという成功図

実はこの作業、なかなか出来ないという人も少なくないのです。

「真ん中は描けるんだけれど、周りが埋まらない」
という人もいれば
「そもそも、真ん中が描けない…」
という人もいます。

そういう人たちの特徴としてよくあるのが、ストレス。
今が大変すぎて、未来がうまく思い描けないのです。

そんな時は、まず成功図の1つとしてフランチャイズを思い描いてみてはいかがでしょうか。
これは何も「フランチャイズで起業しましょう」ということではないのです。

フランチャイズは、街の至る所にあります。
また、資料請求が出来たり、説明会に参加出来たりするので、比較的成功図をイメージしやすいという特徴もあります。

ですから、まずはフランチャイズで成功図を思い描いてみて、うまくいったら、自分のやりたいことに置き換えてみる、というのをオススメします。

もちろん、資料請求したり、説明会に参加した結果「これこそが自分のやりたいことだ!」と気づくこともあるでしょう。
そんな時は、フランチャイズで独立するのも悪くありません。

自分自身でのマーケティングが一切不要という訳ではありませんが、時間もお金も比較的少なくてすみます。
なので、独立起業への敷居は低めですよ。