日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

第一印象で8割が決まる!
これは良く言われていることなので、ご存知の人も多いことでしょう。

では、会社の第一印象はどこで決まるのでしょうか?

会社の第一印象を決めるもの

会社の第一印象を決めるものには、次の4つがあります。

・会社のオフィシャルサイト
・会社のロゴマーク
・名刺
・社員
です。

1つずつ見ていきましょう。

・会社のオフィシャルサイト
会社の情報が沢山掲載されている会社のオフィシャルサイトは、当然その会社の第一印象を決める重要な要素となります。
サービスのイメージと合致したサイトデザインにしましょう。

・会社のロゴマーク
ロゴマークも、第一印象を決める重要なツールの1つです。
無難すぎても印象に残りませんし、奇をてらいすぎても引かれてしまいます。

・名刺
最近は名刺にこだわる人が増えてきました。
用紙の色や種類、写真や似顔絵の掲載、2つ折りや3つ折りの名刺を使っている人もいますね。

・社員
どこの会社でも、社員のイメージが会社のイメージとなることは珍しくありません。
例えば、電話対応が悪かった場合。
電話対応の人だけが悪いのかもしれませんが、「なんて嫌な会社なんだ」と会社そのものに悪いイメージを抱く人も少なくありません。
独立起業後は、あなた自身が会社のイメージとなります。

この他、ブログ、Facebook、Twitter、メルマガ発行などをしていれば、それも第一印象を決める要素となります。
言葉の選び方や、取り扱うトピックスの内容、写真の選び方などに気を付けましょう。

意外と重要な色使い

例えば「赤」という色1つとっても、様々なイメージがあります。

【悪いイメージ】
・攻撃的
・派手
・落ち着かない
・赤点

【良いイメージ】
・エネルギッシュ
・アクティブ
・積極的
・華やか

どちらも「赤」という色の特性ですが、使い方次第でそのイメージは大きく変わります。

例えば、全身赤色の服の人が道を歩いていたら、ちょっと驚きますよね。
コーディネートの仕方などによってはカッコイイのでしょうが、お近づきになりたいと思う人は少ないでしょう。

しかし、全身の服の色味が抑えられており、ポイントとして赤い靴やベルト、バッグなどが1点だけある場合。
これなら普通にオシャレに見えます。
同じ色でも、使う量や範囲によってかなり効果が変わってくるのです。

色を効果的に使うには、
・色の特徴を把握する
・色と色の相性を考える
・明度、彩度のバランスを意識する
・それぞれの色のボリュームを見ながら配置する
などの工夫が必要です。

このような特徴を抑えつつ、オシャレでカッコイイ使い方をすることで、より人目を引き、かつ、良いイメージを与えることが出来ます。
素人がやろうと思うとなかなか大変ですから、最終的にはプロのデザイナーに任せるのが良いでしょう。

しかし、前段階として自分で色々試してみるのはアリです。
様々な企業やフランチャイズなどを研究してみましょう。

その色が何をイメージして使われているのか?という点も、とても重要です。
特に、あなたが独立起業後にやりたいと思っている職種に近い会社を中心に研究すると良いですね。