日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

地域によってはWeb媒体が有利に働かないこともあります。
そういう地域ではWeb媒体は不要なのでしょうか?

Web媒体はあった方が良い

Web媒体とは、何も新規の顧客を得るためだけに存在するわけではありません。
新規の顧客をリピーターにつなげたり、既存の顧客に飽きられないようにするためにも活用出来ます。

ですから、「Web媒体があまり効果が高くないからやめようかな…」ではなく、せっかく作ったのなら、ぜひ更新し続けてください。
最近では口コミをブログに書く人も多く、その場合にWeb媒体があればリンク付きで紹介してもらえます。
Web媒体がなくても紹介はしてもらえますが、当然リンクは貼ってもらえません。

あなたが「Web媒体をどのような目的で使うのか?」にもよりますが、「新規の顧客が得られないから」、「Web広告で成果があがらないから」という理由だけでWeb媒体を辞めてしまうのは、勿体ない事です。

もし、「Web広告用に作ったけど、効果がない」ということなら、別の目的を持たせてみましょう。
リピーターへのアピールでも良いですし、新規の顧客に向けたカタログ的な内容にするのも良いでしょう。
新規の顧客は、何もWeb広告からのみ来るわけではありません。
様々な可能性を探っていきましょう。

Web広告は考えた方が良い

Web媒体が不利な地域とは、インターネットを使って何かを検索…ということをしない人が多い地域なので、Web広告の成果は低い傾向にあります。
ですからWeb広告を出しても、クリックはおろか、表示される回数も少ないのです。

ではどうしたら良いのでしょうか?

Web広告以外の手段を考える必要があります。
まずは、その地域で最も有効活用されている媒体を調査しましょう。
ポスティングなのか、新聞の折り込み広告なのか、はたまた別の手段なのか…。
その地域の特性をしっかり調査・研究する必要があります。

そしてこういう地域は、たいてい地方です。
いわゆる「都会」と呼ばれる地域ではWeb戦略は非常に有効に働きます。
ですから、「Web戦略はどちらかというと苦手だ…」と言う人は、あえて地方で挑戦してみるのも良いでしょう。

Web媒体にのみ頼らない、フランチャイズ

フランチャイズを行っている会社を研究すると、実に様々な媒体でアピールを行っていることが分かります。
Web媒体以外では、どんなものをどんな風に活用しているでしょうか?

業界によってもアピール方法が異なるので、じっくり比較研究してみましょう。
同一の手法を取ればOKというわけでもありませんが、新しいアピール方法が見えてくることでしょう。

・フランチャイズでは、ターゲットごとにどのようなアピールをしているのか?
・その地域特有のアピール方法は、他の地域と何が違うのか?
・フランチャイズの売り方は自分と何が違うのか
・アピールポイントはどこを重視しているのか
・業界特有の表現方法には、どんな特徴があるのか

同時に、ターゲットとターゲットに対するアピールの見直しをしても良いかもしれません。
自分が商売を行う「地域」の特色をしっかりつかみ、成功の第一歩を踏み出しましょう。