日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

よく独立起業で「ターゲティングが重要だ」と言われます。
ターゲティングは、ただ「この人を対象にする!」とターゲットを決めるだけでは意味がありません。
文章を書く人は、ターゲットに語りかけるように書き、サービスを考える時はターゲットの目線を意識する必要があります。

それは本当にターゲットの目線か?

あなたは、自分がターゲットにしている人の目線をきちんと把握しているでしょうか?
もし不安に感じたなら、ターゲットに近い知り合いを探し、チェックしてもらいましょう。
ひょっとしたら、新たな発見があるかもしれません。

また、自分とターゲットが同じ人のサービスを探し、研究してみましょう。
・どんな特徴があるか?
・どんな点が共通しているか?
・サービスごとの違いはどこか?
・自分が今考えているものと何が違うのか?
・どこがターゲットの目線を考えている部分か?
…など、チェックポイントはたくさんあります。

一度サービスを作ったら、常に「これはターゲットの目線から見てどうだろうか?」と考えるようにしましょう。

あなたがターゲットとしているのは、おそらく人間でしょう。
中には、ペットや物を対象としたサービスを考えている人もいるかもしれません。
しかし、ペットのためにそのサービスを購入するのも、物のためにそのサービスを購入するのも人間です。

ということは、間違いなく「誰か」の目線が入ってくるわけです。

そして、人間とは変化する生き物です。
あなたのターゲットが流行に敏感な人なのか、あまり気にしない人なのか、そのあたりも確認が必要です。
ターゲットの変化にも敏感でいられるようにしましょう。

研究対象にフランチャイズを入れよう

フランチャイズを研究すればするほど、よく考えられていることに気づくことでしょう。
ですから、ターゲットの目線を研究する時に、フランチャイズを研究対象に入れることを忘れてはいけません。

自分がためしに使えるサービスなら使ってみるのも良いでしょう。
自分が使えないサービス(たとえば、中高生をターゲットにした塾)などは、別の方法で研究する必要があります。
資料を取り寄せるのも良いですし、フランチャイズの説明会に参加するのも良いですね。

一口にフランチャイズといっても、必ず特徴があります。
ですから、フランチャイズとフランチャイズ以外でも比較してみると面白いですね。
そして、特徴をしっかり把握したうえで比較・研究を進めましょう。

その上で、
・自分のサービスではターゲットの目線をどのように意識するか?
・ターゲットの顕在的・潜在的なニーズをどうやってサービスに反映していくのか?
・どのような「魅せ方」をすると、ターゲットの目に「よりよく映る」のか?
などを考えて反映していきましょう。

また、定期的に見直すことも忘れてはいけません。
必用なら、世論や情勢、流行なども反映していきましょう。

ターゲットの目線を研究することは、あなたのサービスを「より魅力的に」見せるだけでなく、「継続して購入したい!」と思わせるための研究でもあるのです。