日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

都心部には大抵企業やお店が集まっています。
そして、「いつかは都心部に事務所(や店)を構えたい」という人も多いですね。

なぜでしょうか?
実は3つの理由があるのです。

理由1:「都心部」というブランドイメージ

「都心部」にお店を出しているだけで「すごい!」と思われる傾向にあります。
なぜなら、都心部と言うのはそれなりに家賃も高く、また競合店が多いので、生き残るのが大変だからです。
ですから「都心部に店を構え続けられている」のは、実はすごいことなのです。

これは企業でも同様です。
「都心で働きたい!」という人もいますから、やはりイメージは大切です。
イメージの為に会社の場所を変える企業もあるくらいです。

例えば東京なら
・新宿のイメージ
・池袋のイメージ
・品川のイメージ
・六本木のイメージ
は、それぞれ異なります。

自分の店(企業)のイメージがどの地域にマッチするのか?を良く考えることも重要です。

しかし、フランチャイズならこの影響を受け難いというメリットがあります。
新宿、池袋、品川にフランチャイズ展開している飲食店があっても、違和感はありませんよね。
ただし、六本木は少々場所を選ぶかもしれません。

理由2:人が多く、集客が見込める

都心部には企業も店も多く、平日・休日問わず人が集まりやすい場所です。
また、都心部はアクセスが良いので、お店にしても企業にしても「行きやすい」というメリットがあります。

逆に、行くのに時間がかかったり、乗り換えが面倒などのアクセスの悪い場所には、何か特別な魅力がなければ行かないものです。
このように都心部では人が集まりやすいので、新規顧客獲得の機会も増えます。

また都心部のメリットは、「ついで買い」がしやすいところ。

「せっかくこの辺りまで出てきたんだし、ついでに○○にも寄っておこうかなー」
なんて経験、ありませんか?

郊外に住んでいる人にとって、都心部はアクセスの良い場所とは言い難い側面もあります。
その反面、「時間がかかっても良いから行きたい場所」であることも多いのです。
この場合、「せっかくだから…」、「ついでだから…」とあちこち立ち寄りたくなるのが人間。

「ついで買い」で、あなたの店を選んでもらえるかもしれません。

理由3:人口が多いと、客単価が上がる

実は、客単価は商圏と人口に関係しているのです。
商圏が広いほど、客単価が上がると言われているのはご存知でしたか?

自分の商圏(半径5㎞以内とか、10㎞以内とか)に住んでいる人口をチェックしましょう。
この人口が多ければ多いほど、客単価が上がります。

客単価は、いったいどのように決まるのでしょう?

飲食店や物販なら、購入点数や商品単価で客単価が決まります。
コンサルタントのようなサービスなら、商品単価(契約するサービスの種類)がメインになるでしょう。
オプションがあるなら、購入点数も関係してきますね。

このように、都心部で出店する、または事務所を置くというのは、様々なメリットがあるのです。
これは個人で独立起業しても、フランチャイズ開業しても同様です。

しかし、そのような「良い場所」というは、当然家賃も競争率も高めです。
また、人を雇う場合は、人件費も高くなることを覚えておきましょう。