日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

インターネットを使った独立起業は、初期費用も安いので人気があります。
しかし、その分競合もたくさん。
その中で生き残るには、あえてあなたのサービスを利用する明確な「理由」が必要です。

ちょっと想像してみてください。
あなたのサービスを利用した顧客は、あなたに何と言っているでしょうか?

「他にないサービスだから!」
「サービス自体は同じものがあるけれど、無料のオプションが充実しているから!」
「安心して任せられるから!」
「提案力が素晴らしいから!」
「サービスと直接関係のない相談にも、気軽にのってくれるから!」

これこそが、あえてあなたのサービスを利用する「理由」であり、あなたが提供するサービスの「ウリ」なのです。

アンケートでは「きっかけ」を聞こう

あなたが顧客にアンケートを取る場合、「サービスを利用しようと思ったきっかけ」を忘れずに聞いてください。
そして、あなたのオフィシャルサイトに掲載しましょう。
よく「お客様の声」を掲載しているサイトを見かけますよね。

でも、こんな風に思ったことはありませんか?
「本当にそれ、全部お客様の声なの?」と。
特に「良い声」ばかりが掲載されていると、余計にそう思ってしまいがち。

そこで「きっかけ」です。
お客様の声をオフィシャルサイトに掲載する場合は、ぜひ「サービスを利用しようと思ったきっかけ」も掲載しましょう。

「きっかけ」を掲載しているサイトはまだまだ少ないですから、人目をひきます。
また「お客様の声」よりも、「きっかけ」の方が共感を得やすいことはご存知でしたか?

「きっかけ」には、たいてい「現在困っていること」を書きます。
例えば、プレゼン力を上げるセミナーの場合なら、こんな「きっかけ」が集まります。

「プレゼン力を上げたかったから」
「話し方に自信がなく、セールスがうまくいかないので、コツを知りたかったから」
「自分自身のプレゼンを客観的に評価・指摘してもらいたかったから」
「人の心をゆさぶるようなプレゼンが身につけたかったから」
「製品の良さを、より効果的に伝えらえる力が欲しかったから」
…など。

このような「きっかけ」が並ぶと、「そうそう、自分も!」と共感を得やすいのです。

「理由」が明確なフランチャイズ

フランチャイズ展開しているショップを利用する理由は、たいてい明確で、ある程度固定されています。
例えば、フランチャイズ展開されている飲食店なら、こんな理由が集まりそうです。

「昔から良く行っているお店で、愛着がある」
「とりあえず、ハズレがないから困ったときは安心」
「ある程度価格が分かってるから、行きやすい」
…など。

店によっては「家族で行きやすいから」という理由もあげられることでしょう。
このように、フランチャイズでは「おなじみの安心感」で人を呼んでいる部分があります。

経営する側にとっても「おなじみ」の店なので、客層などが読みやすいですね。
となれば、後は分かっている理由、きっかけ、客層に合わせた経営を行えば良いのです。

フランチャイズにはフランチャイズの悩みがあるとはいえ、独立起業よりも経営の敷居や難易度は低そうですね。