日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

「独立起業したいが、既に似たようなことをやっている人がいる。
後発組でも、なんとか勝つ方法ないだろうか…?」

こんなお悩みを持つ人もいることでしょう。

後発組が勝ち残る方法、それは「基本を大切にすること」なのです。

侮れない「基本」

「基本」とは何でしょうか?
例えばランチェスター経営やSWOT分析。
これは基本でしょうか?

基本とも言えますし、基本でないとも言えます。
なぜなら、現在のあなたの「立ち位置次第」なのです。

もし、あなたの状態が
・売り出す商品は決まっている(出来ている)
・ブランディングもばっちりだ
・事業計画もだいたい出来ている
・集客方法もある程度決まっている
という状態ならば、ランチェスター経営で改めて経営の基本を学んでおくのは良いことです。

また、SWOT分析で改めて市場と自分を分析してみるのも良いでしょう。
ある程度計画や準備が出来てから分析を行なうと、以前とはまた違った視点で物事が見えてくるものです。

また、あなたの状態が
・やりたいことはだいたい決まっている
・売り出す商品やサービスの構想は出来ている
・見込み客はまだいない
という状態ならば、営業・集客についての基本が最優先。

これは「さぁ、すぐに営業に出なさい」という意味ではありません。
・営業、集客とは何か?
・人は何に惹かれて集まるのか?
という部分について「基本」を振り返っておく必要があるのです。

つまり、あなたが売り出そうしている商品・サービスの魅力や欠点をもう一度復習するところからですね。
営業・集客を行なうためには「売り込み」をする必要があります。
「売り込み」を行なうためには、売り込みたい商品の魅力だけでなく、欠点を把握しておく必要があります。
そしてその欠点についてのフォローを事前に準備しておくのです。
ここまで準備して、初めて営業に出かけましょう。

また、あなたのやりたい仕事内容によっても必要な「基本」は異なります。
例えば、セミナー講師をやりたい場合、プレゼンテーションやファシリテーションの基本は必須。
例えば、声の出し方などもきちんと学んでおく必要があります。
聞き取りにくい講師のセミナーほど、イライラするものはありませんよね。

このように、やりたい仕事や業種によってもおさえるべき「基本」は異なります。

最低限の基本で良いのはフランチャイズ

フランチャイズ開業なら、商品やサービスに関する基本は既に抑えられています。
ですから、あとは経営と業種に合わせた最低限の基本をおさえておけば大丈夫。

オリジナルの独立開業の場合、改めて「何をおさえておくべきか?」を確認・分析する必要があります。
その点フランチャイズ開業なら、おさえておくべき「基本」が明確。
しかも、本部によっては基本をおさえるための研修もありますから、ぜひ活用しましょう。

まずは資料を取り寄せたり説明会に参加したりして、あなたのやりたいことにマッチするか確認するところからスタートです。
受けられる研修は、資料だけでは分からないところが多いので、説明会などで質問してみると良いですね。
その上で比較検討し、最も自分に合う本部と契約をしましょう。