日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

独立起業をしている人たちをみて「いいなぁ…、自分もいつかはあぁなりたいなぁ」と思っていませんか?
本当に「隣の芝は青い」のでしょうか?

独立起業をするということは、「全て自己責任」であり、非常に大きなプレッシャーが伴うことなのです。

侮れない、起業家精神

独立起業というと、良く「起業家精神」についての話を見聞きします。
「また精神論かよ…」と思っているうちは、残念ながら成功からはほど遠いところにいると思って良いでしょう。

ビジョンの確立や、ビジョンを達成するための熱意。
もちろん精神論だけでは成り立ちませんが、精神論がなくても成り立ちません。
特に「何が何でも、ビジョンを形にする!」という熱意や情熱は、必須です。

人は興味のないモノ・事柄に対して、熱心に頭を使おうとは思いません。
あなたの好きなこと、興味のあることを思い浮かべてください。
それに対して、好きなだけ時間を使って良いと言われたら?
しかも、会社や仕事のことなど気にせず、制限なく自由にして良いと言われたら?

きっと、色々なことを考えながら好きなことに時間をつぎ込むのではないでしょうか。
しかも、熱意をもって。

起業もそれと同じです。
あなたが、自分の仕事やビジョンに対して熱意や情熱を持てなければ、困難があった時に「もういいや…」と投げ出してしまいかねません。
熱意があるからこそ、プレッシャーにも耐えられるという側面もあります。

「起業家精神」が示す意味合いはこれだけではありません。
ですが、少なくとも「また精神論かよ」と馬鹿に出来ないだけのものがあることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

隣の芝は、青くない

あなたが独立起業に熱意を持てるのであれば、隣の芝は青くありません。
他人は他人、自分は自分の良さをそれぞれ認め、自分のビジョンに向かっていけば良いだけなのですから。

それでも「そもそも、ビジョンが描けない…」、「そこまでの情熱はない…」という人も少なくありません。
このような人は、たいてい転職でも失敗することが多いです。

「とりあえず、今の会社を辞めたいから…」という理由でも構いません。
その先に、自分の理想やビジョンを必ず思い描いてください。

「イメージできないことは、実現出来ない」と言います。
逆に言えば「イメージ出来ることは、実現出来る可能性が非常に高い」のです。
あとは、あなたの努力と決断次第です。

他人のビジョンを借りてみる

どうしてもビジョンが描けない場合、他人のビジョンを借りてみるという手もあります。
他人のビジョンを借りる方法、それはフランチャイズ開業です。

フランチャイズ開業を推し進める本部には、本部の持つビジョンがあります。
それを借りることで、起業への敷居を低くしてみませんか?

もちろん、あなた自身のビジョンも重要です。
あなた自身のビジョンが明確であればあるほど、成功の確率が高まるのですから。

仕事のビジョンではなく、プライベートのビジョンなら思い描きやすいと思います。
ですから、まずはプライベートのビジョンを思い描いてみましょう。
その上で説明会に参加し、仕事のビジョンが描けるか試してみるのも1つの方法です。