日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

最近では、独立起業したらブログ、Facebook、Twitterは必須だと言われています。
ようは、自分自身で発信できるWebメディアが必須だということですね。
なぜWebメディアが必須と言われるのでしょうか?

Web広告にかかる金額

あなたは広告費でどのくらいかかるかご存知ですか?
雑誌などに広告を掲載しようと思うと、安くても数万程度します。
Web広告は掲載する媒体次第ですが、有名なメルマガなどですと、安くても5,000円~でしょう。

GoogleやYahooのPPC広告なら、キーワード次第です。
なおPPCとはPay Par Clickの略で、広告がクリックされた回数だけ課金されるという形式のWeb広告です。

人気のあるキーワードでトップページに表示しようと思うと、1000円以上かかります。
逆に、あまり使われていないキーワードなら、1クリック100円未満になることもあります。
このあたりは「どのようなキーワードを使うか?」がポイントとなりますが、1クリックの単価だけでは考えられないのがPPC広告です。

先日、筆者の知人が「占い+地域名」というキーワードで広告を出しました。
1クリックは300円程度だったそうです。
「占い」というキーワードで検索するユーザーは多く、クリック数はかなりの伸びを見せました。
しかし、成約につながらなかったのです。

理由はユーザーのニーズ。
ユーザーの「占い」に求めているものが「有料占い」ではなく、ネットで簡単に出来る「無料占い」だったからです。
そういうユーザーは、ページを訪れても成約につながりません。
ですから、結果的にその知人はWeb広告で赤字を出し、Web広告はやめたそうです。

このように、クリック単価がさほど高くなくても、キーワード次第では成約につながらないこともあり、なかなか難しいのが現実です。

無料の広告

ブログやFacebookなどのSNSは、たいてい無料で使えます。
そして、無料で自分のサービスについて広告を載せることが出来ます。
もちろん、ただの広告では見てもらえませんから、読者に有益な情報もセットで載せる必要があります。

ブログを毎日更新したり、FacebookなどのSNSに毎日投稿するのは大変です。
しかし、無料で自分とサービスをアピール出来る場なので、「必須」と言われているのです。

更にブログやSNSの良いところは、あなた自身の考えや人間性を知ってもらうことが出来るという点。
ブログやSNSの投稿を読むと不思議なもので、知らない人でもなぜか知っている人のように錯覚するのです。
実は、このような錯覚を狙ってWebメディアを活用するという側面もあるのです。

ブランドという広告

実は「ブランド」というのは、広告面でもとても有利なのです。
誰もが知っている「ブランド」なら認知度も高いですし、本社でホームページなどを更新してサービスのアピールをしてくれるからです。

ですから、Webメディアを使った発信が苦手な人にオススメしたいのがフランチャイズ開業。
誰もが知っている会社が多いですし、本部が様々な情報を発信してくれています。
もちろん、あなた自身が経営することになる店での情報発信もあった方が良いのですが、さほど力まなくても大丈夫でしょう。

ブランドという広告力を借りるフランチャイズ開業、ご検討されてはいかがでしょうか?