日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

独立起業で成功しやすい人には、ある2つの特徴があるのです。
それは
・転職を何回かしている人
・空気が微妙に読めない人

「前者はともかく…後者はどうなの?」と思われましたか?
実は2つとも、きちんとした理由があるのです。

転職を複数回している人が独立起業で成功しやすい理由

一般的に「転職をする人よりも、転職しないで長く勤めあげる人の方が色々と有利」とサラリーマン社会では言われています。
しかし、独立起業したいなら、転職を経験している人の方が有利なのです。

それはなぜか?
転職をしているということは、転職の回数だけ会社を知っているということ。
国が変われば常識が変わるのはご存知だと思います。

実は、会社が変わっても常識は変わるもの。
その会社特有の文化や常識があるものなのです。
また、社風や雰囲気によって集まる人たちも変わります。

転職を何回もしているというと「根性のない奴だ」と思われがちですが、実は色々な会社の文化・社風を経験しているので、その分視野が広くなっています。
だから、独立起業でも有利になるのですね。

もし、1社しか経験がないとしたら、自分で視野を広げる努力をしましょう。
具体的には、
・普段行かないようなところに行ってみる
・自分の周りにはいないような人たちが集まる会に参加してみる
などです。

少し勇気が必要ですが、確実に視野が広がりますよ。

微妙に空気が読めない人が独立起業で成功しやすい理由

「おいおい、空気読めよ…」
「空気が読めないなんて、こまった新人だ」
「ここでそんな発言するなんて…、空気が読めないんだな」

一般的に「空気が読めない人」というのは、このように困った人扱いされがちです。
では、空気の読める人というのは、どんな人でしょうか?

・よく気が利く
・礼儀をわきまえている
・いつも空気を読んでいるから、対応が的確

など、「すごく良い人」、「デキル人」というイメージが強いのではないでしょうか?
しかし、「空気が読める」ことが、独立起業で必要な「思い切った行動」を阻害してしまうのです。
空気が読めるからこそ、あれもこれも気になってしまい、行動に移せないということもあるのですね。

結果を出す為には、思い切った行動も必要。
微妙に空気が読めない人というのは、空気が読めないがゆえに「思い切った行動」をしやすいのです。

空気が読める人の方が上手くいきやすいフランチャイズ開業

フランチャイズでの開業は、ある程度空気が読める人の方がうまくいきやすい傾向にあります。
なぜならフランチャイズ開業は、「独立」でもあり、また本部という組織への「所属」でもあるからです。
「所属」という側面を持つため、空気を読める人の方が本部とのコミュニケーションがスムーズに行えるので、上手くいきやすいのですね。

「普段から空気読みまくって行動している…どうしよう…」
とお悩みの人は、一度フランチャイズ開業について検討されてはいかがでしょう?

フランチャイズ開業について知る方法は、資料取り寄せのほか、説明会へ参加する方法もあります。
あなたが思っているよりも多くの会社がフランチャイズ展開していますので、あなたが希望する業種もきっとあるでしょう。
ぜひ、あなたの良さが発揮しやすい会社を探してみてください。