日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

独立起業というと「ブランディングが大切です」という言葉を良く聞きます。
そもそも「ブランド」、「ブランディング」とは何なのでしょうか?
きっちりポイントを押さえて、あなたらしいブランディングを確立しましょう。

そもそも「ブランド」とは?

「ブランド」とは、その企業のイメージと考えて良いでしょう。
例えば
・SONY
・シャネル
・アルマーニ
と聞いて、ぱっと頭に思い浮かぶもの。
それがそのブランドを出している会社のイメージであり、価値となります。

会社のイメージが良く、また価値の高いブランドには、いったいどんなメリットがあるでしょう?

例えば、同じ商品が2つ並んでいたとします。
片方は有名なブランド、もう片方は無名のブランド。
価格に大差はありません。
いったい消費者はどちらを選ぶでしょうか?

答えは簡単。
有名ブランドの方ですね。
この場合消費者は、ただ商品を買っているのではありません。
「有名ブランド」という「安心感」も一緒に買っているのです。

「ブランディング」の目指すところは、価値を向上させること

「ブランディング」を直訳すると、「ブランド設定」となります。
つまり、あなたが独立起業するにあたって行う「ブランディング」とは、「あなたの会社のイメージや価値を設定する」ということなのです。
ですから「ブランディング」は、差別化を図る時にも軸となります。
こう考えると、いかにブランディングが重要かが良く分かりますね。

残念ながら、ブランディングは短期間で結果が出るものではありません。
ですから、最初は「ブランディングに失敗したかもしれない…」という焦りも出てくることでしょう。
この時点で、ブラッシュアップすることは構いません。
ひょっとすると、ターゲティングがうまくなかったのかもしれませんし、ブランドに合わせたアピール方法ではなかったのかもしれません。

しかし、大幅にブランディングを変更するのはやめておきましょう。
ブランディングを変更するということは、あなた自身の仕事の軸を変更するにも等しいのです。
仕事の軸が変更になると、あなたが目指すゴールもあやふやになってしまいます。
変更するときは慎重に行ってください。

ブランド力を借りられるのがフランチャイズ

ブランディングに自信のない方は、まずはフランチャイズ開業を目指してはいかがでしょうか。
フランチャイズ開業なら、本部の「ブランド力」、つまり、会社のとしてのイメージや価値を借りることが出来るのです。

借りられるのは、ブランド力だけではありません。
会社の持っている取引実績、つまり信頼も借りることが出来ます。

「信頼」、漢字にするとたったの2文字ですが、威力や影響力はとても大きいものです。

会社としてのイメージ、会社としての価値、そして会社としての信頼…。
これらを一から構築していくために必要なブランディング。
まずはフランチャイズ開業で「ブランディングとはどんなものか?」を、じっくり考えてみるのも悪くないでしょう。

ぜひ自分が独立を希望する企業のフランチャイズをじっくり研究してみてください。
もちろん、「フランチャイズ」という形式が1つのブランドになっている、ということもお忘れなく。