日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

ライスワークとは、食べていくために必要なお金を稼ぐ仕事。
ライフワークとは、自分のやりたいことを楽しみながらやる仕事。

あなたが独立起業に求めているものは、きっとライフワークでしょう。
そして、今現在の仕事を「これはライスワークだ…」と感じているのではないかと思います。
しかし独立起業しても、全てをライフワークに切り替えるのはなかなか難しいのです。

続く、ライスワーク

独立起業して、一見成功しているように見える人でも、実は裏でライスワークをやっている、なんてことは珍しくありません。
例えば…
・ライターとして活躍している人が、実は裏でゴーストライターをやっていた
・セミナー講師として活躍している人が、実は裏でアルバイトをしていた
なんてことも、良くあるのです。

これらが示していることは「独立起業後にライフワークのみで生活していくのは大変」という現実。

もちろん、ライスワークが悪いわけではありません。
ですが現在、「ライスワークなんて…」とお考えなら、独立起業は考え直した方が良いでしょう。
「ライスワークをしてでもなんとかする!」という覚悟は、フリーランスにおいて非常に重要なのです。
その覚悟なくして、独立起業はできません。

ここまでお読みになって
「ライスワークをしてでも独立起業がしたい!」
とお考えなら、まずは自分に出来るライスワークをいくつかピックアップしておきましょう。

アルバイトの王道と言えば、コンビニや飲食店でしょうか。
あなたが日中、電話対応をしなくて良いのであれば、そういった王道のアルバイトをしても良いかもしれません。
しかし、日中の電話対応が必要なら外で仕事をするのは難しいでしょう。
クラウドソーシングなど、在宅でも出来る仕事を探しておきましょう。

楽観的な視点も大切なフリーランス

とはいえ、いつもせっぱつまっていては良い仕事はできません。
良い仕事をするためには、ある程度の緊張感は必要ですが、肩の力を抜くことも必要なのです。
ですから「何とかなるさ」という楽観的な視点も、フリーランスには必要。

「ライスワークをしてでも、なんとかする!」「まぁ、なんとかなるさ」この2つのバランスが非常に大切です。

出来れば独立起業前に、1年分の生活費をためておくと良いですね。
基本はライスワークで不足分を稼ぐとしても、1年分の余裕があれば、心もギスギスせずにすみます。

また、楽観的な視点を持ちやすい独立方法の1つがフランチャイズ開業。
なぜフランチャイズ開業が楽観的な視点を持ちやすいかというと、すでに成功事例が沢山あるからです。
「まぁ、なんとかなるさ。だって成功ノウハウがつまっているのがフランチャイズだもの」と自分に言い聞かせやすいのですね。

ただし、あなたが選ぶフランチャイズの業務形態によっては、ライスワークを行うことが難しい場合があります。
あなたが選ぼうとしているフランチャイズの仕事でライスワークを行うとしたら、どんな選択肢があるのか?
フランチャイズ開業するまえに、しっかりシミュレートしておきましょう。