日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

もしあなたが既にご家庭を持っており、そのうえで独立したいとお考えなら、家族の理解を得ることは必須です。
特に奥様の理解が得られないと、無理に独立しても色々と辛いことが多いでしょう。
日々の生活に協力が得られないばかりか、夫婦喧嘩のもとにもなりかねません。

日本には、まだまだ「大企業で安定した生活」という考えが残っています。
事実、独立起業というのはリスクを伴いますし、そのリスクを背負うのはあなただけではありません。
ご家族にもリスクを背負わせることになるのです。

独立起業のリスクというと、まず収入面が心配になる方が多いですよね。
しかし、独立起業のリスクは収入面だけではありません。

リスクその1:家族との時間・関係

あなたが選ぶ業種によっては、まず第一に家族との時間や関係が犠牲となります。
特にサービス業の場合、たいていは人が休んでいる日に仕事が入ります。
ですから当然、「幼稚園や学校が休みの日は仕事で家にいない」ということが増えるでしょう。

特にお子様が小さい場合、1日中母親一人で面倒を見るのは大変なものです。
負担ばかりが増えると、夫婦喧嘩のもとにもなりかねません。

ですから、仕事が休みの日にフォローをすることが重要。
お子様と遊んだり、奥様の手伝いをしたりと、家族サービスを徹底しましょう。

特に独立したてのときほど徹底して下さい。
独立したての時は、あなたも不安でしょうが奥様はもっと不安なのです。
奥様の手伝いをするだけでなく、なるべく言葉をかけたり、丁寧に説明したりと、メンタル面でのフォローも忘れてはいけません。

リスクその2:周囲の目

非常に残念なことですが、「会社を辞めて独立する」ということを「すごいね、頑張って!」と、好意的に受け止めてくれる人ばかりではありません。
特に近所付き合いが密な地域や、狭い業界の場合、あっという間に会社を辞めたことが噂として広がります。
その中には、好意的でないものも含まれるでしょう。

それらの噂や視線に、あなたやあなたの家族はさらされるのです。
自分自身のメンタル管理はもちろん、家族へのフォローも重要になってきます。

必ずしもそういうことが起きるわけではありませんが、リスクの1つとしてとらえ、事前に心構えをしておくことは非常に重要です。
また、事前に何人か味方を作っておくと良いですね。いざという時に助けてもらえます。

リスクを低減するために

リスクを低減する方法の1つにフランチャイズ開業があります。
一人で一から全てを始める独立起業とフランチャイズを比べると、フランチャイズの方が難易度が低く、また、様々な面で安心感があります。
例えば、開業資金が比較的安価であることや、ノウハウがあることなど。
最も大きい理由は「多くの人が知っている」というブランド力でしょう。
こうした安心感が、ご家族や自分自身の負担を低減するのに役立ちます。

また、独立起業・フランチャイズ開業に関わらず、独立をお考えの場合はリスク低減の為に、メンターやコーチを付けると良いでしょう。
メンターやコーチには、自分よりも1歩以上先を歩んでいる人を選ぶと良いですね。
困った時に相談に乗ってもらえますし、経験談を聞くことも出来ます。さらに、必要な人を紹介してもらうことも出来るでしょう。