日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

フランチャイズと暖簾分け

フランチャイズ契約とは一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品やサービスを提供する権利、営業上のノウハウなどを提供し、これにより自己と同一のブランドイメージで営業を行わせ、他方が、これに対して対価を支払う約束によって成り立つ事業契約を言います。
一方暖簾分けとは奉公人や家人に同じ屋号の店を出すことを許可することを言い、商標等を共有しながら円満な形で独立することも指します。
2つの大きな違いは将来的に対価を支払っていくのか行かないのかということです。

暖簾分けは、暖簾元のほうには相当なリスクがありますから、通常身内や弟子といった親しい中に限られます。いわゆる親方の下での修行中にどれだけ信用を得て、良好な関係を気づくことが出来るかということに尽きます。
暖簾分け先では、屋号を汚さず、経営が成り立つのであれば暖簾元とは違うオリジナリティも出すことが可能で、暖簾もとと良好な関係が続けば制限はあまりないと言えるでしょう。

一方フランチャイズは統一された企業イメージを取らないといけないので、オリジナリティはかなり制限されます。
宣伝する必要がなく、知名度があることが1番の利点ですが、皆様が具体的な企業店舗のイメージがあり、その点にこだわるのであればお勧め開業案ではありません。

フランチャイズ独立と個人独立

フランチャイズ店をオープンする場合、知識や技術、サービスなどノウハウを本部より提供してもらえるので、比較的少ない労力でスタート出来るという点です。

知名度もありますし、キャンペーンなどは一斉に本部が検討してくれて必要な宣伝ツールも自分でデザインなど考える必要はないので、その分商売に専念出来ると言えます。

個人独立はフランチャイズのように、ノウハウの提供を受けることは出来ないので、全て自分で行わなければなりません。
宣伝しなければ、集客できませんし、売上には繋がりません。

しかしながら最大の特徴であり魅力は自由です。
店舗立地、店舗内のカラー、屋号から細かい部分まで全て自分で好きに決められるのです。

開業費用(投資額)については、一般的にフランチャイズは安価だと言われていますが、それはやり方次第です。
フランチャイズはある程度決められた金額ですが、個人独立は自分がたくさん働いて節約することや、宣伝の仕方にもよります。

まとめ

以上のことから、消去法が有効だと考えられます。

つまりあなたのこだわる開業イメージにあったフランチャイズ店が探しても見つからない場合は、個人で開業する方法を考えたほうがいいでしょう。

開業しても続かなければ本末転倒、開業の意味がありませんから。