日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

少数精鋭型ソフトウェア開発会社社長の独立秘話を伺いました

独立を思い立ったきっかけを教えてください

最初から身も蓋もない話になるんですけど、必要に迫られてというのがいちばんしっくりくる表現かもしれません。

わたしはもともと正社員SEだったのですが、先輩が独立するときに引き抜かれて、1度目の転職をしました。でも、その会社はうまくいかず3年も持たずにたたむことになったんです。ベンチャーの波に乗り切れなかった。

先輩は経営から完全に手を引いて他の会社に勤めることが決まったし、自分がやるしかないのかなと考えたのが独立のきっかけです。

正社員に戻ろうとは思わなかったのでしょうか?

考えることはありました。結婚したばかりでしたしね。

だけど、まだ自分には余力がありましたし、ある意味責任も感じていたんです。いち社員でしたけど、経営者である先輩に近いところにいましたから、もっと違う形で先輩と会社を支えることができたはずなんです。

それから、自分の手腕を試してみたいという思いもありましたね。

破綻した会社をそのまま引き継いだ形になったんですか?

面子的にはほぼ変わりませんでしたけど、再生ではなく別会社として立ち上げました。

親しくさせていただいていたクライアントの中には応援してくれる企業もありましたが、面と向かって「おたくとは今後付き合えない」と言われたこともありました。

当然ですよね。前会社の内部事情を知っているクライアントも多かったので。

会社経営は初めてだったのでしょうか?

そうです。両親も会社員ですし。

大変だったのは経営そのものよりも、税務関係でしたね。知識がゼロでしたし、経理を雇う余裕なんてなかったですから。

大学の同期で税理士になった奴がいるんですけど、彼から手解きを受けて、最初はわたしが全て行っていました。徹夜で電卓を叩くのは辛かったですけど、今となっては良い経験であり良い思い出です。

会社を動かすということについては、実践しながらいろいろなことを覚えていきました。当時力になってくれた社員、今会社を支えてくれている社員には本当に感謝しています。

技術者を卒業されて経営者となった今、思うことを教えてください

経営に関しては今でも悩むことが多いですよ。

それに人員不足のときにはわたしも現場に出ることがあるんです。

PG、SEさんが日々感じていることだと思うのですが、技術の進歩についていくのって大変ですよね。我々は新たな技術を生み出す側でもありますし。

大手が開催するセミナーには積極的に参加しています。

技術向上のためだけでなく、人脈を広げたり、経営ノウハウを身につけるためにもセミナーはうってつけなんです。

独立を考えている技術者の皆さんにも、セミナーに参加されることをお勧めします。

最後に、これから独立を考えている方へメッセージをお願いします

ピンチをチャンスに変えるという表現がありますが、今の時代こそこの言葉が相応しいのではないでしょうか。

独立したいという思いを想像だけで終わらせるのではなく、現実のものとするためにはこの瞬間から動き出すことです。

あれこれ思い悩んでも、結果は出てみないとわからない。それだけは確かです。

力になってくれる家族や仲間を信じて、一緒に頑張りましょう!