日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

仕事を始めると、多くの制限がかかります。

やりたいことのいくつかは辞めなければなりません。

自分の時間というのは業務が忙しくなれば、比例して減っていきます。

今、仕事の継続でキャリアをとるか出産をとるかで、待機児童の問題もあり、究極の選択に悩む女性が多いです。

L子さんはその性格から開業という方法で、その選択肢を大胆に打破した成功事例です。

悩む働く女性皆様へのエールになる そんな内容です。

 

L子さんは、欲張りでせっかち。常日頃なんでも同じ時間に2つ以上のことをやらないと時間がもったいないと思ってしまう性格でした。

 

そんなL子さんが結婚して、子育てということを考えたとき、出産とともにリタイヤしていく友人達を見ながら思ったのです。

「専業主婦って私に向かない」

いつもの ながら は出来ないのだろうかと。

 

L子さんは現在子供向け衣類のネットショップ経営者として活躍しています。

そう、L子さんは仕事と育児という究極のながら生活を手にしたのです。

 

L子さんはアパレル関係の企業に勤務していました。

季節ごとに新商品が入ると、モデルを選定して写真を取り画像を編集してサーバーにUPすることがL子さんの主な業務内容でした。

とりわけ大変だったのが、モデルの選別。

モデル事務所に頼むと料金が高すぎるし、かといって自分で街に行き1人ずつ声をかけて契約するにはあまりに時間と手間がかかる。

結局いつもモデル事務所を経由して、その費用の高額なことから、部署での売上を伸ばせないでいました。

 

L子さんのネットショップは子供衣類専用。

社員は全員子育て中のママです。

そう、モデルは全員自分や社員の子供達です。

遊びながらの撮影ですし、ママも一緒なので、子供達も自然のままの楽しい姿を見せてくれます。

数人集まれば、子供が一緒でも何人かは手があくので、データ加工や、画像アップなどパソコンに向かう作業も可能となります。

 

L子さんのネットショップには他の会社にはない次にあげるメリットがあります。

 

・自分たちの子供を撮影モデルとするのでモデル料不要

・撮影に使用した衣類は無料で社員にプレゼント(当然思う存分似合うかどうか試着可能)

・ママ達は仕事しているが、保育園に預けなくてもよいので 保育料不要で家計費大助かり

(待機児童解消に関しても間接的に貢献)

・仕事中に他のママ社員に見てもらって買物を済ませることが可能

・育児の悩みもママ社員どうしで話すことが出来て、虐待の防止やストレス発散が出来る

 

しかし、何より子供の成長は早く、その愛らしい姿を見せてくれる短い期間を、より長い時間親子一緒に過ごせるということが1番のママ社員のメリットです。

 

ママ社員たちは決められた給与について何もL子さんに意見してきたことはないそうです。

それは、給与以上の他社にはない大きな恩恵を受けているからです。