日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

皆さんが大切に思っているものはなんでしょうか?
友達、彼氏、家族・・

1 大切な人を大切に思う気持ち

また好きなこと、趣味はなんでしょうか?

2 好きなことにいつも囲まれていたい

1,2の思いがあれば苦労も後には幸せな思い出となることでしょう。
次にはその思いから開業して大成功した、ペットサロン経営者Mさんの経歴をご紹介します。

Mさんは幼いころから動物が大好きでした。
とりわけ犬が好きなので、警察犬訓練士を目指し見事合格しましたが、長時間担当犬とともに過ごし、拘束時間が長いわりに収入は少なく生活が成り立ちませんでした。
そのためホームセンターのペットショップでアルバイトをしていました。

ホームセンターのペットショップには大きな洗濯機のような犬を洗う機械があるのですが、Mさんは金額の割にはあまりきれいになっていない、また犬が気持ちよさそうにしていないなと常々思っていました。

実はMさんは一人っ子で両親は共働き、話し相手はいつも犬達でした。犬達に囲まれ、犬達が友達でした。
小学校になると訓練犬や介護犬の里親として何匹もの子犬を育て送り出しもしました。
Mさんにとって犬達は家族同然、友達以上、居なくてはならない大切な存在であったし、友達いじめられた時や、先生に叱られ落ち込んだ時などMさんを励ましてくれる大事なパートナーでした。

そう、Mさんにとって大きな洗濯機に入れられて洗濯物のように現れる犬達の姿を見ることは気持ちの良いものではなかったのです。

Mさんは思いました人間と同じように犬たちもリラックスし、人間の気持よくお風呂に入ることのできる施設をつくることはできないだろうか。
そんな思いを表した形が今のMさんのペットサロンです。
外観はまるでメルヘンチックなケーキ屋さんのように見えます。
中はとても清潔で待合室もあり、犬達が大好きなおもちゃもたくさん置いてあります。
そこはさながら小児歯科の待合室のようです。
サロンの中に入るとヨーロッパから直輸入した高級なバスタブ、シャンプーやボディーソープはオーガニックで飼い主の好きなものを選ぶことができます。
Mさんのペットサロンで洗ってもらっている犬達は、まるで人間がエステを受けているように気持ちよさそうに見えます。

少子化時代、子供の生涯の教育資金を懸念し、代わりとして空前のペットブームが訪れました。そのため犬を子供のように家族同様にかわいがる人が増えました。
時代の波に乗り、とても気持よさそうに施工受けられるMさんのペットサロンはクチコミで大繁盛し、今では1週間先の予約票までいっぱいの状態です。

ある日こんなことがありました。
Mさんがシャンプーをしているときですが、長い毛の中のほうに何箇所か小さなハゲ部分を見つけました。
飼い主がその後動物病院に連れて行くと、ストレス性の脱毛症だったそうです。
幼いころから多くの犬達を育ててきたMさんは犬の健康状態を見る目も確かです。Mさんは飼い主の栄養面や健康相談も業として行っています。そして何か問題があれば提携している動物病院に紹介しています。
Mさんは飼い主も気づかなかったような病気の初期症状や小さな異変を発見し、今まで多くの犬たちを救ってきました。
今ではまるで犬達の町医のような存在のMさん。

そんなMさんの夢は別の棟を増設し、そこを自宅兼用としてまた昔のように盲導犬や介護権の里親となり、多くの犬達に囲まれて暮らすことです。