日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

レンタルオフィス

レンタルオフィスとは特定の運営主体が設備や内装を整えてすぐに使える状態になっているオフィスを特定の条件で貸すサービスのことです 。
一般にオフィスを新設する場は入居する探し、長期の賃貸契約、内装工事、その他パソコンなどの設備の購入、引っ越しの手配などが発生します。時間と手間だけでなく多額の資金も必要となるうえ中途解約手数料というリスクも高くなるので、資金的に余裕のない小規模事業者や個人事業者には、オフィスを展開することは難しいです。
レンタルオフィスは月決めや時間貸しといった短期ですぐ使える状態のオフィスを定額で利用できる面で大変メリットがあります。また受付けや備品調達等の面で、運営主体がサービスを代行してくれているケースもあり少人数や個人でオフィスを経営する際には、コストを抑えて開業が実現出来ます。

転送電話 転送FAX

スマートフォンの機能が発達した現在、自宅に複合機を一台置いておけば無条件転送をかけ常に自分の持ち歩いているスマートフォンにお客様からの電話を受けることが可能です。
また、転送FAXサービスを利用して受診したFAX内容を PDFファイルで常にスマートフォンで確認することもできます。

クラウドコンピューティング

データを自分のパソコンや携帯電話ではなく、インターネット上に保存する使い方です。
自宅、会社、ネットカフェ、学校、図書館、外出先など、さまざまな環境のパソコンやスマートフォンからでもデータを閲覧、編集、アップロードすることができますし、複数人が共有してそのデータを管理することも可能です。
自宅、会社、ネットカフェ、学校、図書館、外出先など、さまざまな環境のパソコンやスマートフォンからでもデータを閲覧、編集、アップロードすることができますし、複数人が共有してそのデータを管理することも可能です。

この3つのサービスを使うことにより

個人ないしは少人数で長期オフィス賃貸契約することなく自分の好きなところに会社としての拠点を置き、初期投資を少なく営業活動を始めることが可能となりました。
レンタルオフィスサービスにつきましては、全国的に今や都心部から離れた郊外でも主にお客様のアクセスを考えて駅の近くに多く見られます。
営業して顧客を一定獲得しないと、まずは始まらないというような業種であれば大変有効な手段と言えます。

ある方は自宅に自分のスペースだけの駐車場しか場所がないので、車で10のところにンタルオフィスを借りています。そこはお客様用駐車場が 30台ほどありますので主に業者さまとの打ち合わせや商談に利用しているとのことです。
また別の方の事例ですが、その方は独身で宅配便の不在伝票が溜まってしまって、その管理や折り返し電話の手間を省くために、近くにレンタルオフィスを借り棄損で宅配受け取りサービスを利用されている方がいます。
24時間宅配便を代行して受け取ってくれますので、営業に専念することができ、業績も上がっているとのことです。

このようにアレンジ可能な魅力的サービスを利用することも独立開業のアイディアです。