日本中のフランチャイズ情報を集めて人と企業を結ぶお手伝い

独立開業をしてもう5年、実際に独立開業をした時には夢もたくさんありました。そして今は現実に直面しています。サラリーマンを辞めてから開業したのですが、サラリーマンとは大きく違うなと思うところもある反面、流用できるスキルもあるなと感じています。

今回はそんな独立開業をしてから5年になる私が、独立開業をしたことに対する本音を語ってみたいと思います。

開業は能動的に動けば儲かる!

これは本当です、儲かります。私の年収はサラリーマン時代よりも上がっていますし、長く続けている人ほど年収は高い傾向にあります。もちろん、失敗して借金を背負っている人もいれば、数年でやめてしまった人もいます。

私の友人にも数年で開業してからやめてしまった男がいますが、彼は元々あまり独立開業に向いていなかったといえるでしょう。一人で仕事をするようになっても、誰かから仕事をもらって指示されながら行うというサラリーマンスタイルは変わっていませんでしたから。

そういう受身の姿勢だと、おそらく儲けることはできないのでしょう。

開業当初は苦労するがサラリーマンも同じ

やっぱりどんなものでもそうですが、最初は苦労します。開業資金を貯めるのも苦労しましたし、その開業資金が売上も上がらずにドンドンと減っていく時には「もうダメかもしれない」と思いました。まだ1年も経っていなかったのに。

でもよく考えたらサラリーマンに最初になった時も苦労をしました。仕事のやり方はわからなかったし、人間関係にも気を使いました。周りは年上ばかりで、気が落ち着かなかった職場でしたからね。

なんでも最初は苦労するものなんだろうなと、5年たった今だからこそ思います。だから特別開業しているから苦労している、とは思っていません。

人脈や視野、仕事の幅が広がった

私はIT系の仕事をしているのですが、IT関連以外の人脈もどんどん広がっています。お客さんになる方はフルーツ店だとかエステ店など、他の事業をなさっている方々が多いですから。そういう幅広い人脈が独立開業してから広がって来ました。

すると考え方も広がって来ました。「こういう意見もあるのか」という、他の人達からの話を聞いていると新鮮な考え方に出会うことが多いです。どちらかと言うと同じIT系の人たちと話すよりも、他の業界の人と話すときにそういう感動が大きいような気がします。

結局独立開業してよかったの?悪かったの?

まだ5年ですし、今後どういう事が起こるかわからないですけれども、私個人としては現在まで、独立してよかったなと思っています。もちろん苦しいことも未だにありますし、お金の問題で苦労したりもします。それでも私の選んだ道は間違いじゃなかったと思っています。

独立開業していなければ私の人生は全く違ったものになっていたでしょう。でも、今よりも良かったとは到底思えません。今が私にとってベストな人生だと思うのです。